孤独な理学療法士の日記

理学療法士をしているマトルです。仕事・健康・家族・趣味など普段考えていることや行っていることをお伝えします。

【白い卵と赤い卵】色の種類によって栄養効果は異なるのか?

こんばんは。

マトルです。

 

私たちの食生活において卵は欠かせません。卵選びにおいて価格だけに目が行くことが多いですが、こういう知識があると卵選びを少し違った見方ができるかもしれません。役に立つかは分かりませんが、今回はそんな卵のちょっとしたお話です。

Eggs

白い卵と赤い卵

近所のスーパーで並んでいる卵を見て皆さんは何を思いますか?卵の殻には主に白と赤の2つの色があります。そんな2つの卵を見ていると赤い卵の方が栄養価が高く、高級感があって良さそうに感じられます。

 

なぜ卵の殻の色が違うのか?

卵の殻の色の違いは鶏の羽根、耳たぶの色、餌によって変わってきます。

 

白い卵を産むのは羽根が白、淡色で耳たぶも白い鶏です。

餌は主にトウモロコシなどです。

 

Eye of the Tiger, I mean Bird 

 

赤い卵を産むのは羽根が赤茶、黒色で耳たぶも赤い鶏です。

餌はトウモロコシの中にパプリカなどを混ぜたものです。

 

New Hampshire Hen

余談 

ほとんど見られることはありませんが、一番上の写真で見られるように薄い緑色の卵もあります。これは緑黄色野菜、草系の餌を沢山食べていると緑色の卵を産むそうです。

 

色の違いによる栄養価

卵の色によって栄養価が大きく変わることはないので全く気にする必要はありません。

 

卵選びで気にすることは?

卵選びにおいて新鮮さ以外でさほど気にすることはありません。あえて気にするならば有精卵か無精卵かということくらいです。専門の先生方たちの中では、それによって栄養価が変わることは無いというのが大勢のようですが。

新鮮な卵は割ってみると分かります。割ってみて黄身がこんもりしている方がより新鮮です。


All the king's horses

 
あえて言うなら有精卵

先程も述べたように有精卵、無精卵の栄養価は変わりませんが、あえて言うなら有精卵がお勧めです。なぜ有精卵がお勧めなのか?ということ、、、

 

 Garden Chickens

有精卵と表示されるためには基準があります。雌鶏100羽に対して雄鶏5羽以上の割合で平飼い、もしくは放し飼いなど自然交配な環境で精卵されたものです。

その群れの中で餌を食べたり、歩き回ったり、寝たりします。そういう自然な環境に近い中で本来の野生動物としての生活を送ることができます。

 

一方無精卵を産む鶏はケージ内の養鶏場で雌だけで生活しています。

有精卵を産む鶏と比べて生活環境があまりにも違います。

 

それを考えると無精卵を産む鶏の方が有精卵を産む鶏と比べて生活環境によるストレスをより感じているのではないでしょうか?

それを踏まえると個人的な意見となりますが有精卵の方が良いような気がします。

 

卵の表面 

産みたての卵の表面はザラザラしています。これは卵の表面を守っているクチクラ層という薄い膜があるからです。そのクチクラがあることによって卵の内側に微生物(細菌)が侵入するのを防ぎ、感染から守っています。しかし、店頭に並んでいる卵は消毒、殺菌しており、このクチクラはほとんど洗い流されています。

できれば表面がザラザラしてる(クチクラ膜がある)方が望ましいですが、残念ながらそういう卵は店頭ではほとんど見られません。

 

結論

今回は卵に関する簡単な知識について書かせていただきました。要点は主に3つです。

 

  • 卵の色によって栄養価は変わらない
  • あえて言うなら有精卵の方が良い
  • 卵の表面(クチクラ)を見てみる

 

簡単に書かせていただきましたが、機会があればもっと詳しく卵のことについて書きたいと思います。

卵選びのご参考になれば幸いです。

 

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

 

ご覧いただきありがとうございました。