孤独な理学療法士の日記

理学療法士をしているマトルです。仕事・健康・家族・趣味など普段考えていることや行っていることをお伝えします。

納豆の栄養を効果的にする6つの方法

 

皆さんは納豆は好きですか?匂い、味がダメだという人も沢山おられると思います。我が家は私を含めて家族全員納豆が大好きで、冷蔵庫の中に常時置かれています。食べる頻度の多い納豆にひと手間をかけるだけで栄養価を高めより健康になるための方法があれば試さない手はありません。

おれのダイエット食(1)

目次

発酵食品の代表「納豆」

納豆は発酵食品の代表として挙げられます。普通に食べても栄養価の高い納豆ですが、それをもっと倍増させる方法があります。

納豆の栄養を倍増させる方法と知識

方法1 常温

まず納豆を冷蔵庫から出して常温で30分置きます。そうすることで納豆菌が増殖します。納豆菌は腸内細菌の餌となり腸内環境を良くする働きを持っています。それにより納豆の栄養効果が倍増されます。

納豆菌と腸内細菌

納豆菌にはタンパク質分解酵素が含まれており病原性大腸菌の増殖を押さえる働きを持っています。また他の有益な腸内細菌をやっつけることはなく、逆に乳酸菌を増やす働きを持っています。

方法2 かき混ぜる回数

納豆を100回以上かき混ぜることです。そうすることで納豆の粘り気がでます。その粘りの主成分であるポリグルタミン酸は多数のマイナスイオンを持っており、カルシウムを始めとするミネラルの吸収促進効果があります。

ポルグルタミン酸の効果
  • 胃の粘膜を守る
  • 腸の老廃物の排出を促す

方法3 醤油と辛子の入れる順番

醤油や辛子は納豆をかき混ぜた後に入れた方がいいと言われています。理由は先に入れてしまうのと納豆の粘り成分がうまく出ないからです。またできるなら市販の納豆に付いている付属の醤油や辛子を使わないということです。勿体ないかもしれませんが、付属で付いている醤油や辛子は添加物の塊なのでお勧めできません。

方法4 亜麻仁油

亜麻仁油(あまにゆ)を入れることです亜麻仁油には水溶性と不溶性の食物繊維がバランスよく入っています。納豆と混ぜる合わせることで食物繊維の働きが強くなり便秘の解消に効果があります。

亜麻仁油とは

健康と治癒の促進に役立ち、ある種の魚や植物に含まれる「オメガ3」という脂肪酸のことです。オメガ3とは特殊な性質を持った高比率の不飽和脂肪酸で体の炎症的な変化を軽減し、異常な血液凝固を防ぎ、おそらくは細胞及び組織の癌性、消耗性の変化を防ぐ効果があると考えられてます。    

アンドルー・ワイル著「癒す心、治る力」より

方法5 ねぎ

ねぎを入れることです。ねぎにはアリシン、ビタミンC、βカロテン、カルシウムなど様々な栄養素が含まれています。今回は特にねぎの独特な匂いの元となっているアリシンという栄養素、そして納豆の原材料の大豆に含まれるフラボノイド(ファイトケミカルに注目します。

アリシンの持つ健康効果
  • 殺菌・抗菌効果(風邪の予防)
  • 胃腸の消化機能を向上させる
  • ビタミンB1の吸収を促進
  • 血行促進効果
  • 疲労回復促進効果
  • 抗酸化作用(癌の抑制効果)

この時使用するねぎは新鮮なものを使います。鮮度が落ちればアリシンの栄養素はどんどん減ってしまいます。他の料理でもいえることですが、ねぎは生で使うことをお勧めします。ねぎは加熱してしまうとアリシンの栄養素が減少するとともにビタミンCも減少してしまいます。

ファイトケミカル

ファイトケミカルとは野菜や豆類などに含まれている化学物質のことをいいます。人間の体内では生成することはできませんが、それを含む食物を食べることで体内に取り込むことができます。先ほど述べた抗酸化作用、免疫力の向上など健康維持や改善効果があるのではないかと研究されているものです。また生活習慣病アンチエイジングの活用にも期待されているものです。

方法6 夜ご飯の時に食べる

納豆と言えば朝御飯というイメージが強いです。しかし、夜御飯として食べた方が栄養学的に効果的だと言われています。特に起床時に体の疲労が取れていない方にはお勧めです。夜に納豆を食べることで血流改善の促進やむくみの解消、体の中にある毒素を外に出すといった疲労回復に繋がります。理由はナットウキナーゼとジピコリン酸の存在です。これらは夜間の睡眠中に良く働くとされています。睡眠中は唾液の分泌量が減少するので口の中のウィルスが繁殖しやすい時間帯です。しかし、夜御飯に納豆を食べていればウィルスの繁殖を抑え、健康維持にも効果的です。

ナットウキナーゼ

納豆だけに多く含まれている酵素タンパク質の一種です。ナットウキナーゼには血栓(血の塊が血管の中に詰まること)の主成分であるフィブリンを溶かす働きがあります。

ジピコリン酸

納豆に含まれる成分で抗菌作用を持っています。ウィルスの繁殖を抑える働きがあり風邪の予防にもなります。

 
美肌効果

睡眠中に成長ホルモンの分泌が行われます。その時にビタミンB群の栄養素が必要となります。そのビタミンB群は納豆に多く含まれており、新陳代謝を高めてくれます。そのため夜御飯に納豆を食べることで寝ている間に肌のダメージを修復、解消してくれるため美肌効果があるとされています。

終わりに

 納豆は日本人にはとても馴染みの深い食べ物です。食べる機会が多いのであればこのような方法と知識を身に付け、栄養学的効果を考えて摂取することが健康のためになります。よろしければ一度お試しください。ご参考になれば幸いです。

 

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

 

ご覧いただきありがとうございました。