孤独な理学療法士の日記

理学療法士をしているマトルです。仕事・健康・家族・趣味など普段考えていることや行っていることをお伝えします。

【ぎっくり腰 本当の原因 vol.6】 ぎっくり腰の直後は冷やすのか?温めるのか?

 

【ぎっくり腰 本当の原因】シリーズです。  

 

Fossil Creek Hot Spring

目次

ぎっくり腰の直後は冷やすのか?温めるのか?

ぎっくり腰になった時の対処法

一般的な見解

「急性期により筋肉に炎症が起きているので腰にアイシング(氷などで冷やすこと)をして炎症を抑えて痛み止め薬を飲んで湿布を貼って痛みが治まるまで安静にしていて下さい」といわれます。また「温めると症状が悪化するのでお風呂には入らないで下さい。もしくはシャワーで済ませて下さい」と言われます。

個人的な見解

そこで患者さんの大半はその説明で納得してしまいます。処方された痛み止めの薬を飲んでや湿布を貼って様子を見ることとなります。でも過去の記事でも述べたようにこれはあくまでも対症療法なので一時的に痛みが治まったとしても完治したとはいえません。また再発する可能性が非常に高いです。

ぎっくり腰の方への対処法としてアイシングは有効か?

アイシングをするべき方は打撲や外傷によって本当に筋肉や靭帯などの軟部組織に炎症が起こっているときには有効となります。しかし過去に述べてきたようにぎっくり腰の本当の原因は筋肉の過度な疲労によって起こったものがほとんどです。そこでアイシングを行えば患部を冷やすことで一時的に痛みを麻痺させるので痛みが治まったかのように勘違いしてしまいます。アイシングという対処法だけでは根本的な改善はできません。

ここで簡単なおさらいです。体の一部もしくは全身の筋肉の過度な疲労によって筋肉は硬くなり(筋硬結)、循環が悪くなって痛みが出現します。そこでアイシングを行えばその筋硬結はより硬さを増してきます。それによってまた筋肉の循環が悪くなり痛みは一向に改善できません。

終わりに

基本、筋疲労によるギックリ腰に対しては温める方が効果があります。温めることにより筋肉に柔軟性がでてきて循環も改善し痛みが和らぎます。ここで一つ注意することがあります。全員が全員そういう結果が出るわけではありません。私の経験上ではありますが筋疲労によるギックリ腰の患者さんの中にもとても希ではありますが温めると痛みが増強する方もいらっしゃいました。あくまでも個人的な意見なので参考にしていただければ幸いです。

 

vol.7に続く。

 

 ギックリ腰で悩まれている方へ

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

 

matorupt.hatenablog.com

 

慢性腰痛で悩まれている方へ

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

 

ご覧いただきありがとうございました。