孤独な理学療法士の日記

理学療法士をしているマトルです。仕事・健康・家族・趣味など普段考えていることや行っていることをお伝えします。

よく見かけるヘッドフォワードポスチャーな人

 

ヘッドフォワードポスチャー(Head Forward Posture)とは?

Stoop

目次

頭部前方突出姿勢

座ってるとき、立っているとき、歩いているときに見られる体幹に対して、頭部が前方に突出している姿勢をいいます。いわゆる円背姿勢(猫背、亀背)で仕事でデスクワークをしている人や立ち仕事でも同じ姿勢を長時間されている方に多く見られます。ヘッドフォワードポスチャーは正式な診断名ではなく、あくまでも姿勢を表した言葉なので病院を受診されたら「ストレートネック」と診断されることが多いです。

ストレートネックとは?

背骨の首の部分である頸椎は通常では生理的に前弯(前にカーブ)しています。ストレートネックの場合は頸椎の前弯が失われ直線的状態になっています。このためこのような表現方法が用いられています。注意すべき点としてはヘッドフォワードポスチャーの方は正確にはストレートネックと呼ばれるように頸椎がまっすぐになっているのではありません。上の頸椎は前へのカーブになっており下の頸椎は後ろへのカーブとなっています。

正しい姿勢とは?

一般的に正しい姿勢の基準(頭部に関して)は肩(肩甲骨にある肩峰)と耳の後ろにある乳様突起という突起物を結んだ線が垂直になっていることが正しい姿勢と言われています。

ほんの数cmの頭部の前方移動で

人間の部位別における体重の比重が最も高い部位が頭部です。頭部は体重の約10%(ボーリングのボール位)の重さがあります。正常の位置から頭が2.5cm前方に移動すると頭から肩、首にかけての筋肉にかかる負荷は約4㎏と言われています。一般的な数値から見るとデスクワークの人では平均5~6cmの頭部の前方移動が見られるといわれておりデスクワークの中でもパソコン業務がメインの方は6~9cm出ている方も珍しくありません。重さにすると約7~8㎏になります。

例)体重70kgの人の頭が5cm前に出ていたら

頭の重さが7kgとして頭が前に出ていることにより増加した分8kgを足すと合計で15kgの重さが細い首だけで支えられていることになります。それを労務時間である8時間以上続けていると首の筋肉や靭帯にかかる負担は相当なものといえます。

ヘッドフォワードポスチャーな人の首の筋肉の状態

簡単にいうと首の後ろ側の筋肉は短くなった状態で首の前側の筋肉は延びている状態になっています。

首の筋肉が形状記憶されてしまう

一般的に人間は同じ姿勢を20~ 30分位続けるとその姿勢によって使われる筋肉の収縮状態が体に馴染んでしまいます。そしてその馴染んでしまった筋肉が元の状態に戻るには1時間位かかってしまいます。つまり同じ姿勢をすることによって筋肉が元の状態に戻るのに約3倍の時間がかかるということです。例えばデスクワークの人で8時間勤務すると筋肉が元の状態に戻るためには24時間、丸1日かかることになります。ということは筋肉が元の状態に戻る前にまた仕事を始めることになります。その日々の積み重ねにより筋肉が形状記憶されてしまい、ヘッドフォワードポスチャーが完成されてしまいます。それが肩こりなど様々な原因となってしまいます。

ヘッドフォワードポスチャーによって出てくる体の弊害

 ヘッドフォワードポスチャーな人は腹筋に力が入りやすく胸郭がしぼまります。そうすると肺が圧迫されて空気が入る量も減少し、その結果呼吸が浅くなってしまいます。それと同時に肩、首周りの筋肉が頭部の重さを支えるために緊張状態が続くことにより頚部を通る脳に血液を送る椎骨動脈という血管が圧迫されてしまいます。その結果脳へ送られる酸素量や血液量も減少し集中力や判断力が低下します。

ヘッドフォワードポスチャーな人の呼吸

ヘッドフォワードポスチャーな人は顎を前に突き出した状態なので口が開きやすくなってしまいます。口が開いた状態になってしまうと鼻での呼吸がしずらくなります。口での呼吸は鼻での呼吸に比べると1回で肺に入れられる酸素の量が少なくなります。その分呼吸の回数が増えることになります。その結果、交感神経優位となり体が緊張状態となってしまいます。また口での呼吸は横隔膜をあまり使わずに、呼吸補助筋と呼ばれる肩、首周りの筋肉を使用するため、通常より疲労が溜まりやすく肩こりの原因になってしまいます。

その他の症状

その姿勢が先ほど述べた肩こりだけではなく、頭痛、腰痛、めまい、ふらつき、目の奥の痛み、意欲減退、免疫力の低下等の症状も引き起こしてしまいます。

なぜヘッドフォワードポスチャーな人が増えてきているのか?

こういう姿勢は高齢者だけではなく職場の環境やスマホの普及により若者にも多く見られます。最近では子供にも非常によく見かけられます。一番の原因はやはりスマホタブレットの使用時間が長すぎるということが考えられます。

自宅でできる簡単な改善・予防方法

私が普段指導している簡単な改善・予防方法をお伝えします。仕事や学校で授業を受けているとき常に正しい姿勢を取り続けることはほぼ不可能に近いです。

そこでご自宅で一度実践してみてください。

  1. 椅子に座って(できるだけお尻の部分が固い椅子)一度自分が最も全身がリラックスできる状態をとります。普段している楽な姿勢をしてみてください
  2. その楽な姿勢から可能な限り最大限の正しい姿勢をとってください。顎を後ろに引き、肩を後ろに引いて、胸を張って、お腹を前に突き出してください
  3. その正しい姿勢を100%と認識した後に、その状態から10%くらい楽な姿勢へと戻してください
  4. その状態を1日一回、5分間だけでいいので実践してみてください。できれば深呼吸を同時に行えばより効果的です

これはテレビを見ながらとか本を読みながらでも行うことができます。

終わりに

ヘッドフォワードポスチャーは意識的に改善しなければ治りません。先ほども述べたように長年この姿勢を取り続けることにより将来全身に何らかの病的症状が出ることも多々あります。一度自分の姿勢を人に確認してもらうこと、自分でも鏡などを見ることで確認を行い自覚してみた方がいいでしょう。もしそういう傾向が見られれば正しい姿勢というものを普段から意識してみることが大切となります。

 

matorupt.hatenablog.com

 

ご覧いただきありがとうございました。