孤独な理学療法士の日記

理学療法士をしているマトルです。仕事・健康・家族・趣味など普段考えていることや行っていることをお伝えします。

【理学療法士 腰痛】腰痛を治すために選ぶべき場所

 

慢性腰痛への理解

過去の2回の記事では腰痛が慢性的になっていても諦めてはいけないということ、または腰痛患者さんの気持ちはどんなものかについて書かせていただきました。今回は具体的にどういうところにいけば腰痛を治してくれるのかというところに触れていきたいと思います。

es.

目次

腰痛を治療する場所

腰痛を治療する代表的なところでは整形外科、整骨院、整体院などが挙げられます。治してくれる所であればどこでも構いません。しかし、行った場所の対応の仕方が重要となってきます。以前申し上げた通り、腰痛に対して痛い箇所(腰)ばかりにフォーカスしているようなところはあなたの抱えている腰痛を治すことは正直言って厳しいです。なぜならば痛いところにはほとんど原因がないからです。まず、治療する場所選びに重要なところは詳しく、丁寧にあなたの話を聴いてくれるかということが大前提です。一番ダメなところはろくに話もせずにいきなり痛い場所である腰にアプローチしてくるところです。そういうところでは十中八九治りません。

 

問診(聴くこと)視診(見ること)の大切さ

私が初診の患者さんを診る時の流れです。私は初めて来られた方には治療時間の大半を問診に使います。私が勤めている所は一人あたり制限時間が30分くらいなので初診の患者さんには大体15分から20分くらいは問診の時間にあてます。これでも正直足りないくらいだと思っています。

まず、私は患者さんが歩いてくる姿や座って待っている姿勢をじっくり観察しています(実際は見ていないふりをしています)。これは実際面と向かってしまうと患者さんは緊張して身構えてしまうからです。ですから無防備であるありのままの姿を見る必要があるのです。

それからきちんと自己紹介(私は理学療法士の○○です。よろしくお願いします)をします。私は問診をする前には必ず自己紹介をします。これは患者さんがきちんと話をしてくれるためには、まず私自身のことを知ってもらう必要があるからです。

それから問診に入ります。私が聴く内容としては腰痛を発症する直前の生活状況(仕事やスポーツでハードなことをしていたか)や現在の生活状況(どういう動作をすれば痛みが出るのか、また逆に痛みが出ない時の体の状態はどういうときかなど)を詳しく伺います。またハードワークの記憶があればその内容を詳しく聴きます。それからその方の既往歴(今までしたことがある病気や、ケガ、手術歴、現在治療している病気(内科的疾患も含めて)、飲んでいる薬など)を詳しく聴きます。これは患者さんの子供時代に遡って出来る限り思い出してもらいます。

 

触診

それから患者さんの体の状態を把握するために体中を触ります。もちろん患者さんの了解を得てからです。これで患者さんの体のコンディションを把握します。それである程度原因が絞られてくると評価をします。この評価がとても大事になります。この評価で患者さんの痛みの原因を特定していきます。ここまでするのにかなりの時間を要します。

 

治療・説明

評価にかなり時間を使うので初回の治療にはあまり時間は使えません。大体5分から10分くらいです。その短時間である程度患者さんの痛みが改善していることを感じてもらわなければなりません。そうしなければ患者さんは通院してくれません。でも中には感じてもらえない方もいます。その時には説明が必要です。まずは原因となっている場所、なぜそこが原因となっているのか、治療としてはどういった治療を行うのか、治療にはこれくらいの期間(ゴッドハンドみたいに一発で腰痛は治らないということ)の説明が必要です。それをできるだけ分かりやすい言葉を選び、患者さんが納得できるように説明します。その説明がとても大事になってきます。これができなければ先程言ったように患者さんはもうきてくれません。もちろん来てくれなければ患者さんの治療はできません。治療ができなければその患者さんの腰痛を治すことができません。しかし、きちんと分かりやすく説明すればほとんどの患者さんは納得してくれます。

 

選ぶべき場所

あなたの腰痛を治すための選ぶべき場所の基準

  • 問診に時間をかけてくれること
  • ただ腰痛を治すだけではなく、治った後にあなたが何をしたいかを理解してくれているか
  • なぜ、腰痛になったのか(原因)を説明してくれること
  • 評価をきちんとしてくれること
  • 治療方法を説明してくれること
  • 治療計画をしっかり立ててくれること
  • 普段の生活で気を付ける点を説明してくれて、それに対するセルフケアを教えてくれること
  • その人にあなた自身の治療を任せてもいいと思うこと

 

これは私の個人的な意見ですが、あなたの抱えている腰痛を治してくれる場所選びに参考にしてもらえたら幸いです。

 

慢性腰痛で悩まれている方へ

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

 

ギックリ腰で悩まれている方へ

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

 

 ご覧いただきありがとうございました。