孤独な理学療法士の日記

理学療法士をしているマトルです。仕事・健康・家族・趣味など普段考えていることや行っていることをお伝えします。

アフリカンサファリ ジャングルバスに乗れませんでした。普通の動物園に行った時との子供のリアクションの温度差

家族旅行の2日目です。今日大分県は快晴でした。昨日はハーモニーランドで家族みんなでクタクタになるまで遊んできました。

 

matorupt.hatenablog.com

 

目次

アフリカンサファリへ

今日はハーモニーランドからも近いアフリカンサファへ行ってきました。今日もまた、子供たちの満足しきった笑顔を引き出してやろうと意気込んでホテルを出発しました。しかし、出だしからつまづきました。昨日あまりにも疲れていたので出発するのがかなり遅れました。朝ごはんを食べて、お土産を買って、帰る準備をしてホテルを出たのが午前10時30分でした。

 

大渋滞

アフリカンサファリへ行く途中、車は順調に進んでいました。普通に行けば、30分くらいで着く距離でした。しかし、アフリカンサファリへあと3kmというところで渋滞が始まりました。それはもちろんアフリカンサファリまで続いていました。結果着いたのは12時を過ぎていました。

 

ジャングルバスは断念

旅行へ行く前にはジャングルバスに乗る予定でした。これです。

f:id:matorupt:20180504223529j:image

 

ジャングルバスとは野生動物を車内から間近に見ることや食べ物をあげることができる生態観察バスです。この臨場感を子供たちに経験させてあげたかったのですが(大人の私も乗ってみたかったです)、事前に調べてみるとジャングルバスは朝の6時から受付をしているとのことでした。その時点でゴールデンウィークということもあり、半ばあきらめていました。朝早く起きて予約を取りに行こうかとも思いましたが、昨日の疲れで行けませんでした。この体力の無さは情けないです。あわよくば乗れたらいいなぁと向かっている車の中で思っていましたが、朝の準備が早く進まず、出発の出遅れと大渋滞に出会ってしまったことで、案の定、入園口の所には「本日のジャングルバスの受け付けは終了いたしました」と書かれていました。自業自得です。子供たちには申し訳なかったです。

 

ジャングルバスに乗れなくても楽しかったです

 ジャングルバスに乗れなくても、同じコースを自分たちの車で回れるということで子供たちは納得してくれました。入口で案内用のタブレット(各セクションや動物の説明をしてくれる)を受け取って出発しました。やはり、園内も渋滞していました。しかし、そのおかげでゆっくりと見て回ることができました。今日見て回ったアフリカンサファリ内は、6つのセクションに別れています。

 

クマ・山岳動物セクション

ここではアメリカグマ、バーバリーシープ、ムフロンがいました。

 

f:id:matorupt:20180504223656j:image

 
f:id:matorupt:20180505011953j:image

残念ながらアメリカグマの写真が撮れませんでした。いきなり、間近で大きなクマを見たので子供たちは大興奮でした。バーバリーシープ、ムフロンはどれがどれだか分かりませんでした。

 

ライオンセクション

f:id:matorupt:20180504223557j:image

オスとメスのライオンが群れを成して何十頭もいました。ジャングルバスが通った後だったので、お肉を食べているライオンの上をたくさんの鳥たちが飛んでいて、昔テレビで見たことがあるような異様な光景でした。それも含めて、さすが百獣の王ということで迫力がありました。

 

草食動物セクション

ここにはアミメキリン、シロサイ、アメリカバイソン、ファロージカ、グラントシマウマ、アジアゾウがいました。
f:id:matorupt:20180504223626j:image
f:id:matorupt:20180504233018j:image

アミメキリンです。

f:id:matorupt:20180504223725j:image
f:id:matorupt:20180505012036j:image

アメリカバイソンです。


f:id:matorupt:20180504223802j:image
f:id:matorupt:20180505012218j:image

f:id:matorupt:20180504223924j:image

アジアゾウです。動物園で見るゾウよりは少し小ぶりでしたが、やはり間近で見ると迫力があります。あと頭の毛の量がすごかったです。


f:id:matorupt:20180504224403j:image
f:id:matorupt:20180505012315j:image

アメリカバイソン、シロサイ、ファロージカ、グラントシマウマが入り混じっています。こんなにたくさんの種類と数の動物を見る機会はあまりないので貴重でした。


f:id:matorupt:20180504223947j:image

こうやって動物たちは、あまり警戒心もなく道路を横切っていきます。草食動物たちは種類の違う同士でも一緒にご飯を食べていました。

 

トラセクション

f:id:matorupt:20180504224030j:image
f:id:matorupt:20180505012339j:image

ベンガルトラです。とても大きな体をしていてライオン同様迫力がありました。ライオンは群れで行動しますが、トラは群れずに個別に行動をするようです。

 

チーターセクション

これは道路からあまりにも離れていて写真が撮れませんでした。すぐ近くにグラントシマウマがいました。
f:id:matorupt:20180505012408j:image

これを見てチーターに食べられないのかと心配しましたが、説明によるとライオンやトラと違ってチーターは自分の体より大きいシマウマを襲うことは無いようです。九州内でチーターを見ることができるのはアフリカンサファリだけみたいです。

 

レイヨウセクション

ここにはシロオリックス、ブラックバック、ローンアンテロープフタコブラクダ、エランドがいました。

f:id:matorupt:20180504224054j:image

f:id:matorupt:20180504223831j:image
f:id:matorupt:20180504224118j:image
f:id:matorupt:20180505015149j:image
実際見てみるとシロオリックス、ブラックバック、ローンアンテロープ、エランドはどれも同じに見えてフタコブラクダ以外は区別がつきませんでした。

 

以上7つのセクションを、ゆっくりと見て回りました。

 

温度差

今まで見てきた動物園と比べると子供たちのリアクションは雲泥の差でした。

近くの動物園には何回か行ったことはありましたが、最初は珍しがって見ているのですが、だんだん後半になってくると飽きてあまり見なくなります。しかし、今日行ったアフリカンサファリでは回っている間「ワー、キャー」と言って終始大興奮でした。やはり迫力が違うのですね。大人の私でも興奮しましたから。

 

今度こそはジャングルバス

次回来るときは早起きしてジャングルバスのチケットを手に入れようと思いました。ジャングルバスに乗ればより臨場感を経験でき、今日以上の興奮を味わえることは確実です。

 

終わりに

本当にアフリカンサファリは最高でした。是非ともまた来たいと思います。園内を車で回った後にふれあいゾーンにも行ってきたのでその時のこともブログでご紹介したいと思います。

 

matorupt.hatenablog.com

 

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

 

ご覧いただきありがとうございました。