孤独な理学療法士の日記

理学療法士をしているマトルです。仕事・健康・家族・趣味など普段考えていることや行っていることをお伝えします。

孤独を充分に補ってくれて幸せを満たしてくれる私のいるべき場所

家族でお墓まりに行ってきました。お墓参りに行って日頃の感謝を思いながら掃除すると気持ちが落ち着いて何かすがすがしい気持ちになることができます。

 
f:id:matorupt:20180429133412j:image

 

目次

私の家族

ブログを始める前から仕事や趣味のことはもちろんですがその事と同じくらいに家族のことを記録に残したいと思っていました。しかし、何を書いたらいいのか分からずようやく書くことができました。

私はブログ名通りに職場では孤独感たっぷりに過ごしています。これはあえて自分が望んだことなので仕方ありません。しかし、私の生活全てが孤独というわけではありません。職場での孤独を十分に補って幸せを満たしに満たしてくれる存在がいます。それが家族です。仕事が忙しくて体が疲れていても辛いことがあってもだいたい家に帰ればどうにかなります。

 

唯一無二の存在

たまに深いダメージを食らうと家に帰っても殻にとじ込もってしまうこともありますが、その時には「私には味方がいる」と家族の笑顔を思い浮かべて深呼吸します。そうすると少しずつ少しずつモヤモヤした塊が溶けていきます。

 

家族の紹介

私の家の家族構成は妻と子供(6歳と2歳)が2人です。ごくありふれた家族構成ですが、私にとってこの家族と一緒に過ごせる幸せを手に入れるためにとても苦難な道を通ってきました。長年、とてもしんどい思いをして、まだ通過点ではありますが、ようやくたどり着いた場所です。

 

自分にとっての家族の存在

私にとって家族とは命そのものです。私はこの家族に出会うために生まれてきたといってもいいくらいです。そのために私は生まれてきて、そしてこの家族を幸せにするために生きていくのです。私の中で家族とはとても大きな存在であり、必要不可欠なものでもあります。家族は私にとっての存在意義そのものです。

 

家族への思い

 私の妻は私より7歳年下ですが、とてもしっかり者でたまに短気は起こしますが、優しさに満ち溢れた人です。妻は持病を持っていて体がつらいことも多いと思いますが、顔に出さず、私と子供たちを様々な面から支えてくれています。私の家は妻が中心となって家族をまとめてくれています。私はその事にいつも感謝しており、尊敬しています。子供は二人ともとても愛おしい存在です。2人は私達夫婦に希望を与えてくれました。これからもこの子供達を見守り続けるために私達夫婦は生きていくつもりです。

 

終わりに

やっぱり家族のことに付いて書くのはテーマが大きすぎて、中々まとまった文章として書けないものです。これからも普段感じたちょっとした出来事や思い、妻や子供たちの成長の記録の意味でも書き留めて行こうと思います。

 

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

 

ご覧いただきありがとうございました。