孤独な理学療法士の日記

理学療法士をしているマトルです。仕事・健康・家族・趣味など普段考えていることや行っていることをお伝えします。

理学療法士の習慣【仕事前のワーク編】

朝の出勤は仕事が始まる前の20分前に着くようにしています。そして5分で更衣室で制服に着替えます。残りの15分で仕事前の朝のワークを行います。

これは仕事をする前に、より体のコンディションを整えるために行います。ちなみに私の職場の職員は、私以外全員女性なので更衣室では何をしても気にする必要はありません。まず、カーテンを開けて窓を全開にします。私が使っている更衣室は普段カルテ室として使っており、ほとんど人の出入りはないので、朝更衣室へ入ると空気がこもっています。私の更衣室というよりは、カルテ室を私が使わせてもらっているという方が正しいです。

 

目次

股関節のワーク

運動というよりもストレッチに近い感じです。

  1. 足を肩幅くらいに広げて、足の裏をしっかりつけた状態でしゃがみ込みます
  2. その状態に馴染んできたら、足(膝)を左右に揺らします
  3. 60回くらい行います

注意点

その時、手は両肩に置きます。これは膝を揺らしながら、手で肩や首周囲の筋肉を感じるためです。徐々に膝の揺らしを大きくしていくと股関節周囲の筋肉が柔らかくなっていく感じが分かります。それと同時に手で触っている肩や首の筋肉も柔らかくなっていくのを感じとることができます。60回終わる頃には股関節の動きが滑らかになるのはもちろん、肩や首、肩甲骨の動きも滑らかになっていることを感じながら確認します。

 指のワーク

指のワークを始める前に保湿液を上腕・前腕から指先にかけて塗ります。塗り終わった後、まず指のグーパーを何回かして指の感覚(握り具合)を確認します。

  1. 指は1本ずつ爪のきわの部分を横から指でぐっと掴みます
  2. その掴んだ指をぐりぐりと動かします(大体10回くらい)
  3. 10本の指を全て行います

終わった後にまたグーパーを何回かして指の感覚を確認します。

ぐりぐりすることで手のひらの筋肉が緩み、指が握りやすくなっていることを確認します。

前腕のワーク

  1. 前腕部分のストレッチを行います
  2. 終わった後それぞれの手のひらで反対の前腕部分に触れます
  3. 手のひらが触っている前腕部分に馴染んでくるのを待ちます
  4. この時、深呼吸を行いながらすると馴染みやすくなります

この一連のワークを15分かけて行います。それから仕事場へと向かいます。これが仕事前の私の朝のワークです。理学療法士という仕事は手の感覚がかなり重要となるので毎朝しっかり行う必要があります。

手仕事をされている方はこのワークはおすすめです。興味を持たれた方は一度お試しください。

 

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

 

ご覧いただきありがとうございました。