孤独な理学療法士の日記

理学療法士をしているマトルです。仕事・健康・家族・趣味など普段考えていることや行っていることをお伝えします。

理学療法士の習慣【通勤編】

私は通勤で自転車を利用しています。通勤時間は約15分くらいでです。しかし、いつも20分から25分くらいの時間がかります。

それはなぜかというと。

目次

ジンクス?

通勤途中、それぞれの場所に見るポイントがあるからです。例えば、この地点ではこのマンホール(形や模様)を見たり、ここの地点では高速道路の柱のつなぎ目を見たり、街路樹の特に気になる木の枝分かれしている所を見たり、なぜか気になるお店の看板を見たり、ある家の窓を見たり(お気に入りの形がありす)、数え出したらきりがないです。ジンクスとはちょっと違う気がしますが、そういう習慣をこなすことによって今日1日の平穏や安心感を得ようとしているのだと思います。

遠回りをして納得できる道順に

周りの人は音楽を聴いたりしている人が多いですが、私は何も考えず毎日通勤時には色々なところを見ながら自転車をこいでいます。ですから自転車をこぐときはゆっくりこいでいます。そして、一番の最短距離を行くのではなく、少し遠回りをします。それはただ単に好きな道と嫌いな道があるからです。なぜ嫌いな道があるのかと聞かれても答えられません。何年もかけて今まで職場まで色々な道順を試してきました。そして、ようやく納得できる今の道順に辿り着きました。しかし、最近何年も同じだった道順を変更しました。

神社

それは長い間通院してくれている患者さんから聞いていた職場の近くにある神社を見つけたからです。話でよく聞いていたその神社がずっとどこにあるのか気になっていました。そして遂にその神社を最近ようやく見つけたのです。しかし、その神社を通るためには遠回りをしなければいけません。そこで私は今までの道順を変えることにしたのです。そこの神社の前には少し太めの縄をかけられた石があり、前を通るときに見えるその神社の拝殿と石に心の中で挨拶するのを日課にしました。

道順を変えることで心に変化が

道順を変更したことで出勤時の気持ちにもいい方向に変化が見られるようになりました。もちろん仕事帰りにも遠回りをしてその前を通って挨拶をして帰ります。

終わりに

今回は習慣とは言えないかもしれませんが、これは実際に私が行っていることです。

こういうルーティンを日頃から行うことで日々の平穏な心であったり、ストレスを溜め込まないように心がけています。現実ではこういう習慣を持っていることを誰にも一度も言ったことはありません。こういうことを書けるのもブログのいい点だと思いました。

 

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

matorupt.hatenablog.com

 

ご覧いただきありがとうございました。